マナラモイストウォッシュゲルの成分

マナラモイストウォッシュゲルの成分

  • グリセリン
  • エチルヘキサン酸セチル
  • プロパンジオール
  • ペンチレングリコール
  • ジグリセリン
  • 水溶性コラーゲン
  • 加水分解コラーゲン
  • スクワラン
  • オリーブ油
  • ホホバ種子油
  • ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム
  • ヒアルロン酸Na
  • 加水分解ヒアルロン酸
  • アセチルヒアルロン酸Na
  • αアルブチン
  • プエラリアミリフィカ根エキス
  • ダイズ種子エキス
  • メマツヨイグサ種子エキス
  • セイヨウトチノキ種子エキス
  • ザクロ果実エキス
  • 加水分解サンシキスミレエキス
  • アッケシソウエキス
  • PCA-Na
  • 乳酸Na
  • ミルシアリアデュビア果実エキス
  • リン酸アスコルビルMg
  • アセロラ種子エキス
  • アーチチョーク葉エキス
  • パパイン
  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
  • セレブロシド
  • 乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液
  • 乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液
  • リンゴ酸
  • イヌリン
  • ライム果汁
  • オレンジ果汁
  • レモン果汁
  • リンゴ果実エキス
  • ナツメ果実エキス
  • サンザシエキス
  • グレープフルーツ果実エキス
  • セリン
  • グリシン
  • アラニン
  • リシン
  • アルギニン
  • トレオニン
  • プロリン
  • グルタミン酸
  • キハダ樹皮エキス
  • BG
  • リモネン
  • ミリスチン酸ポリグリセリル?10
  • (アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー
  • カルボマー
  • 水酸化Na
  • ベタイン
  • アルギン酸Na
  • トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル
  • シアノコバラミン
  • ソルビトール
  • フェノキシエタノール

 

拭き取り洗顔の件があるので、しっかりと頑張りますよ!

 

 

ここで気になるのは、本当に洗浄力がないのか?

 

 

拭き取り洗顔のように、洗い流さなくても大丈夫なのか?

 

 

という点ですよね。

 

 

要注目すべき成分は「油・毒性成分」だと思います。

 

 

油はニキビの元であるアクネ菌の餌になる場合もあるので、あまり肌に残留させないほうが良いんですね。皮脂が良い例ですよね。

 

そして、おつぎは毒性成分です。

 

 

実は洗浄力の高い成分が配合されていて、洗い流さないとお肌がボロボロに…

 

 

なんてことがないようにしっかり調べてみましょう。

 

 

見るのが面倒くさいという人にまとめです。

 

 

マナラモイストウォッシュゲルの成分評価まとめ

  • お肌にめちゃくちゃ優しい洗顔料として考えれば最高!
  • 洗浄成分が少なく、油分も安全性の高いものばかりなので、お肌にやっしい洗顔料です。

  • 美容液としては使えません。(洗顔料ですからね(笑))
  • あらわない洗顔料とはいえ、美容液としては使うにはちょっとお肌のダメージが心配です。

  • 拭き取り洗顔後でもすすぐのが無難。
  • 洗浄力のある合成界面活性剤などが配合されているので、拭き取り洗顔した後もすすいだほうが良いと思われます。しかし残留してもほとんど気にならないとは思いますが、肌が敏感だったりニキビ肌質の人は気を付けたほうが良いです。

マナラ モイストウォッシュゲルの成分を徹底的に分析する

マナラ モイストウォッシュゲルに含まれている全成分「64種類」これらを一つ一つ解析します。

 

毒性:なし

 

言わずもがなですよね。お水です。ちょっと品質の高い化粧品になると「温泉水」などを使っているのですが、特に記述がないのでマナラ モイストウォッシュゲルはおそらくただの水でしょう。

 

温泉水はお肌の浸透力が違うんですね。温泉皆さんも好きですよね?ちなみに、上から順番に成分の配合量になっているので、モイストウォッシュゲルに一番含まれているのは「水」ということになります。

 

そのお水が、温泉水だったら…。バランスもあるので難しいのだとは思いますが、ちょっと残念ですね。

 

グリセリン

毒性:なし

 

でました、グリセリン。ホットクレンジングの登場で一躍有名になったグリセリンです。響きは最悪ですよね。いかにも爆発しそうな名前ですが、そんなことはありません。水とグリセリンは似た構造を持っているので、水分を蒸発させないために配合してあるのです。

 

他にも代表的な保湿成分にBG・DPGなどがありますが、グリセリンが一番保湿効果が高いことで知られています。これはグッドですね!

 

エチルヘキサン酸セチル

エチルヘキサン酸セチルは名古屋大学でパッチテストが行われた結果、安全であることが科学的に証明されている成分です。目的はエモリエント効果を持っています。

 

エモリエント効果とは、皮膚からの水分蒸散を抑えてうるおいを保ち、皮膚を柔らかくすることです。まさに美容のためにあるようなものですね。

 

プロパンジオール

毒性:なし

 

こちらはグリコールの一種です。グリコールとはアルコールの一種ですね。保湿剤、感触改善剤、溶剤、静菌効果などが期待できます。昔は危険な成分だったらしいのですが、今は「100%安全」ということが分かっています。

 

しかもグリセリンと併用することにより、保湿効果が持続するということが分かっています。

 

一般的には粘度を調整するために配合されたりするらしいですよ。これも安全ですね。

 

ペンチレングリコール

毒性:肌への刺激性は低い。副作用の心配は少ない。

 

ペンチレングリコールには、保湿・抗菌などの効果がります。

 

パラベンの防腐効果を高める効果があるので、組み合わせることにより防腐剤の配合量を減らすことができるんですね。

 

しかし、マナラモイストウォッシュゲルにはパラベンは含まれていません。モイストウォッシュゲルは徹底的に防腐剤の配合量を減らすために工夫されていることがここで分かりますね。

 

化粧品を発売する以上、防腐剤を添加しないわけにはいかないですからね。(防腐剤を無添加にすることは使い方によっては菌が繁殖するため逆に危ない)

 

ジグリセリン

毒性:肌への刺激は少ない

 

グリセリンと似たような名前ですね。というか「ジ」が付いただけ…。

 

ジグリセリンの正体は、グリセリンを蒸留して、精製して作られます。そのため、グリセリンと似たような性質になっています。また、高い保湿効果を持つ上に、防腐・殺菌の効果もあることが分かっています。

 

そして何となく温かみを感じるようになる成分でもあります。マナラ モイストウォッシュゲルを使ったことがある方はわかるかもしれませんが、少し温かいですよね。

 

水溶性コラーゲン・加水分解コラーゲン

水溶性コラーゲンは、コラーゲンを水に溶かしたものです。コラーゲンをそのまま化粧品に配合するのは難しいので、1回水に溶かしちゃうんです。

 

水溶性コラーゲンに使われるものは、海洋性コラーゲンがほとんどです。マリンコラーゲンとも呼ばれており、コラーゲンの中でも大変優れているものが原料だそうです。

 

安全性は非常に高いです。

 

加水分解コラーゲンは、さらに分子量を小さくして浸透させやすくしたコラーゲンです。

原料にカニやエビなどが使われている場合があるので、アレルギーを起こす可能性のある成分でもあります。

 

モイストウォッシュゲルがなんか肌に合わないという人は、これでアレルギーを引き起こしている可能性もあるというわけです。自分にアレルギーがないか、いまいちど調べてみてくださいね。

 

スクワラン

スクワレンと呼ばれる成分に水素添加したものがスクワランです。肌への刺激は殆どなく、ニキビ・吹き出物を予防・改善する効果もあるんです。

 

すごいですね。これでマナラモイストウォッシュゲルがニキビ・吹き出物予防に一役買ってくれることが分かりました。スクワランはすごい成分ですね!

 

オーリブ油

みんなご存じオリーブオイルですね。

 

しかしオリーブ油にも問題があるのって知ってました?

 

硬化油を混ぜていたり…。

 

オリーブオイル一つ選ぶのも大変ですよね。

 

マナラはオリーブ油の原材料までは明記してないので、真相は闇の中ですね。

 

しかもオリーブ油を顔に乗せて肌に残留させたままだとニキビができてしまったりする可能性もあるみたいです。

 

しかし、化粧品に使われているオリーブオイルは精製されたものがほとんどなので大丈夫だとおもいます。きちんとした機関で検査を受けたうえで配合されているんですね。なのでこちらも安心です!

 

間違っても食用のオリーブオイルを使うなんてことはしないようにしてください。(最近話題になってましたが)

 

しかしこれを肌に残留させるのはあまり良くない気がします。

 

ホホバ種子油

油脂というのは基本的にニキビの餌になります。しかしホホバ種子油はロウ(ワックス)に分類されるので、ニキビの餌にはならないんですね!

 

 

このあたりから少し疲れてきたので、
気になる成分だけをピックアップしますね。

 

ヒアルロン酸とかは語りつくされてるし、みんな知ってると思うので。

 

モイストウォッシュゲルの成分分析(続編)

オイルから下のほうは美容液成分が続いています。

 

  • ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム
  • ヒアルロン酸Na
  • 加水分解ヒアルロン酸
  • アセチルヒアルロン酸Na
  • α−アルブチン
  • 美白成分

  • プエラリアミリフィカ根エキス
  • ダイズ種子エキス
  • メマツヨイグサ種子エキス
  • セイヨウトチノキ種子エキス
  • ザクロ果実エキス
  • 加水分解サンシキスミレエキス
  • アッケシソウエキス
  • PCA-Na
  • 乳酸Na
  • ミルシアリアデュビア果実エキス
  • リン酸アスコルビルMg
  • ビタミンC誘導体です

 

ミリスチン酸ポリグリセリル−10

合成界面活性剤がここで登場です!油脂と水を分離させちゃいけないので、必ず配合されてはいますが、これを肌に残しておくのはあまり良くないでしょう。

 

天然の脂肪酸がもとになっているので、非常に安全性が高いものです。

 

水酸化Na

こちら、配合濃度が高い場合に要注意が必要です。ただし、美容製品などには中和させているので、安全だと思います。

 

トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

天然には存在しない化学物質ですが、天然の油よりも安定性が高いそうです。毒性がないことが分かっています。またエモリエント効果もあります。

 

シアノコバラミン

ビタミンb12の中まで、目薬に使われるぐらい安全です。

 

ソルビトール

グリセリンの代わりに使われることもあるような、安全な成分です。保湿が主な目的です。

 

フェノキシエタノール

玉露などに存在する天然由来の防腐剤です。こちらも安全性が高いし配合量は一番少ないので安心ですね。