拭き取り洗顔って本当に平気なの?

 

マナラ公式の動画にある、モイストウォッシュゲルのふき取り洗顔ですが、これって本当にお肌にとって大丈夫なの?

 

 

気になりますよね。

 

 

だって、洗わない洗顔とはいえ「洗顔料」ですから。

 

 

それを肌に残したままにしておくって、下手したら肌が大荒れしてニキビができまくるんじゃないか?!とか。

 

 

私もすごく心配になりました。

 

 

ですから、成分を自分で調べてみることにしたのです。

 

マナラモイストウォッシュゲルの成分はこちら

 

これを見れば、本当に肌に残留しても大丈夫か分かると思います。皆さんもマナラモイストウォッシュゲルの成分をしっかり確認して、拭き取り洗顔をしても大丈夫か、考えてみてくださいね。

私の結論

ラウリン酸ポリグリセリル‐10という成分があります。

 

どういう成分かというと、界面活性剤と呼ばれる成分です。界面活性剤と言うと、悪のようなイメージが付いてしまいましたが、ラウリン酸ポリグリセリル‐10は非常に安全性の高い成分となっており、高い保湿効果もあるのです。

 

極めつけには食品の添加物としての使用も認められており、ベビー用の化粧品や日焼け止めにも配合されています。

 

汚れを落とす洗浄と、水と油を混ぜ合わせる乳化の働きがあります。

 

マナラモイストウォッシュゲルは洗浄成分ゼロと言っているので、ラウリン酸ポリグリセリル‐10を洗浄成分としてはカウントしていないのかもしれませんが、実際は洗浄成分があるといっても過言ではないと思います。

 

拭き取るだけで洗顔というのは、私はどうしても好きになれないので、朝の洗顔料ということでぬるま湯で洗っています。

 

マナラモイストウォッシュゲルだけで化粧水や乳液の代わりに使うというのはあまり良くないかなぁとは思いますが、ポイントは美容液並に美容成分が配合されているということ。でもそれを拭き取るのでは結局使い方としては微妙だし、いまいちな感じがありますよね。

 

しかし、化粧品メーカーは化粧品開発のプロですから、マナラは特にこだわりを持っているので、私のような素人目で意見を申し上げるはおこがましいかもしれませんが、自分の肌に合う使い方一番だとは思うので、いろいろなやり方を試してみても良いと思います。

 

私は拭き取り洗顔は自分にイマイチかなぁと思いました。

最終更新日: